もよおしもの

講演会のご案内

文学講演会「新しい読書の世界」

2018年1月14日(日)14:00~16:00
対象:中学生以上(定員80名)
参加費:1,500円(中高生1,000円)

~時代を超えて光を放つ、文章とことば。
小説・詩歌の名作、学術の名著をもとに、これからの読書の姿を見つめる~

現代詩作家の荒川洋治氏をお迎えしてお話をうかがいます。

 

講師

荒川氏 写真荒川洋治
(あらかわ ようじ)

現代詩作家

<経歴> 1949年福井県生まれ。早大卒。詩集『渡世』(第28回高見順賞)、『空中の茱萸』(第51回読売文学賞)、『心理』(第13回萩原朔太郎賞)、エッセイ・評論集『忘れられる過去』(第20回講談社エッセイ賞)、『文芸時評という感想』(第5回小林秀雄賞)、『詩とことば』(岩波現代文庫)など。現在、川端康成賞、太宰治賞、中原中也賞の選考委員をつとめる。
2016年、評論集『過去をもつ人』(みすず書房)で、第70回毎日出版文化賞書評賞、2017年、詩集『北山十八間戸』(気争社)で、第8回鮎川信夫賞を受賞。

▼作品のリストより
小説/国木田独歩「忘れえぬ人々」、島崎藤村「夜明け前」、黒島伝治「渦巻ける烏の群」、尾崎翠「第七官界彷徨」、チェーホフ「谷間」、サローヤン「ヒューマン・コメディ」など。
詩歌・学術/小野十三郎「大阪」、寺山修司「戦後詩」、村上一郎「日本のロゴス」、大野晋「日本語の源流を求めて」、網野善彦「日本の歴史をよみなおす」、足立巻一「やちまた」など。
✳当日、作品のリストを配布します。

 

開催日時 2018年1月14日(日)14時~16時 途中休憩あり(開場13時30分)講演後サイン会
会場 :升水記念市民図書館
対象 :中学生以上(定員80名)
参加費 :1,500円(中高生1,000円)
主催 :(一財)升水記念市民図書館
後援 :平塚市教育委員会・平塚市浜岳中学校区子ども読書活動推進協議会
 早稲田大学平塚稲門会
申込方法 :参加希望の方は、電話(火曜、土曜12時から17時のみ)、ファックス、または参加申し込みフォームより、お名前、連絡先を明記の上お申し込みください。
<申込先>
  財団法人 升水記念市民図書館
  TEL:0463-21-6591   FAX:0463-21-6594
  参加申し込みフォームはこちら
※定員に達し次第締め切ります。
▲このページのトップへ

矢印もよおしもの一覧