こんな本 あんな本

本のしょうかい

3人のパパと3つのはなたばの表紙画像

『3人のパパと3つのはなたば』
クク・チスン 作  斎藤真理子 訳

ブロンズ新社

表紙から3人のパパが登場します。3人のパパはみんな違う仕事をしています。

まずはこの3人のパパの職業から紹介しましょう。OK宅配のキム運転手、トゥントゥン小児科のキム先生、タンタン建設のキム課長。

あら、みんな同じ苗字のキムさん!3人は兄弟?そんな説明はどこにもありません。でも何となく目が似ているような気もします。

さて、3人のキムパパは今日も朝から忙しそうです。キム運転手は121個の荷物を配達、キム先生は今日に限って患者がぎっしり、キム課長も今日に限って書類の山とひっきりなしの電話にてんてこ舞いです。

キム運転手は仕事の合間に、キム先生とキム課長はお昼休みに花束を買いました。

3人のパパ、なかなか帰れそうにありません。早く仕事を切り上げたいのに、3人とも今日に限って忙しいとぼやきながら、次の予定が気になります。

用意した花束は一体誰にあげるのでしょう。全員奥さんのお誕生日が一緒なのかな。いいえ、そうではありません。

ようやく仕事が終わって3人のパパが花束を持って向かったところは同じ場所でした。そこは・・・。

韓国の絵本作家、クク・チスンさんの『3人のママと3つのお弁当』に続く作品です。チスンさん、今度は3人のパパにスポットを当てました。

この2つの作品に繋がっている点があることに気づくとまた何だかほんわかした気持ちになります。親子でページを開いてほしい絵本です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ