こんな本 あんな本

本のしょうかい

まんぷくよこちょうの表紙画像

『まんぷくよこちょう』
なかざわくみこ 作

文溪堂

おじいちゃんのおうちの近くにある「まんぷく横丁」、毎月29日は「ふくのいち」の日です。たあちゃんはおじいちゃんと一緒に初めてこの「まんぷく横丁」にやってきました。

やきとり屋さんにうなぎ屋さん、おせんべい屋さん、おだんご屋さん、と道に面した横丁の入り口からもうおいしそうなお店がズラリ。たあちゃん、何を買ってもらうのかな。

ではまんぷく横丁の中へ入ってみましょう。おすし屋さん、うどん屋さんにおでん屋さん、ぎょうざの専門店もあります。ふたごのおばあちゃんがお店の看板娘の健康食品店「つるかめ」も見えてきました。

おじいちゃんはおそうざい屋さん「あじよし」でまずお買い物。肉じゃが、五目ひじき、ちくぜん煮、ポテトサラダ、なすみそ・・・といっぱい並ぶおそうざいにたあちゃんが目を丸くしていると、おじいちゃんがいもがらの煮ものを買いました。おじいちゃんのいつものお決まり、定番の品なのです。

横丁の中はたくさんの人でにぎわっています。お店の人も元気いっぱい、お客さんと楽しそうに話しています。

まんぷく横丁のマスコットはタヌキです。横丁名物はたぬき焼き、たあちゃんはたぬき小路と呼ばれる道を入っていきました。すると・・・。

なかざわくみこさんが細かく描きこんだまんぷく横丁の「ふくのいち」、すみからすみまで繰り返しじっくりながめてください。ページを開くたびに楽しい、新しい発見があるはずです。

裏表紙の「まんぷくよこちょうおかいものマップ」をガイドに何度でもまんぷく横丁でのお買い物をみんなでどうぞ。

最後に出てくるおじいちゃんとたあちゃんが買ったものと自分が買ったものを比べてみたり、一緒にこの本を読んだお友だちやおうちの人と買い物ごっこをする・・・ウキウキしてきます。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ