こんな本 あんな本

本のしょうかい

まるてん いろてんの表紙画像

『まるてん いろてん』
中辻悦子 作

福音館書店

まるてん、いろてん、と最初のタイトルからリズムが感じられて、なんだかウキウキ。

本を開くとまず「まるてん」、赤いまるが一つ登場します。次を開くと「まるてんてん」青と黄色の同じ大きさのまるが仲良く並び、それから「まるてんてんてん」で赤、青、黄のまる三つ。

そしてお次は、「てんてんあーん」小さなまると大きなまるでお顔ができました。それから・・・。

主役はシンプルなまるなのですが、いろとりどりのまるが大きくなったり小さくなったり、くっついたり、並んだり、テンポよく動いて小さい子どもはもちろん、大人まで楽しませてくれます。

親子で声を合わせて「まるてん いろてん」、「まるてんてん」、「まるてんてんてん」・・・、元気が出てくること間違いなし。

福音館書店『0.1.2.えほん』シリーズの中の一冊です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ