こんな本 あんな本

本のしょうかい

あつい あついの表紙画像

『あつい あつい』
垂石眞子 作

福音館書店

夏がやってきました。あついあつい、と汗をかきかきペンギンが涼しい場所を探しています。

するとありました、ありました、ひかげがありました。

ああすずしい、と休んでいるとそれはアザラシのかげでした。

ぼくのひかげで涼んでいるのはだれ!とアザラシはご機嫌が悪そうです。それはアザラシも暑いからでした。

汗をかきかき2匹は涼しいところを探して進みます。そしてひかげを見つけました。ああすずしい、とひと休み。

それはカバの体のかげでした。あたしだってあついのよ、とカバが立ち上がり、涼しい場所を探しに今度は3匹で歩き始めました。

次に現れた大きなかげの主はゾウでした。でもゾウだって暑いのです。4匹が涼しいところを求めて歩いていると・・・。

最後のシーンではみんな気分爽快、読み手も暑さが吹っ飛ぶこと間違いなしの夏の絵本です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ