こんな本 あんな本

本のしょうかい

しばふっていいなの表紙画像

『しばふって、いいな!』
レオーネ・アデルソン 文  ロジャー・デュボアザン 絵
こみやゆう 訳

瑞雲舎

みんな縮こまっていた冬から芽吹きの春を迎え、だんだん暖かくなって来た、と思っているとあっという間に汗ばむくらいの陽気になり、木々の新緑はいつしか濃い緑へ。そして地面からは草たちが勢いよく伸びてきています。

さぁ、外に出てみましょう! まぶしいくらいの緑の中で何して遊ぶ?

木登り、ボール投げ、ダンス、ピクニック、読書・・・。

ちょっと休んで周りを見渡してみましょう。

この草はらでは動物や小さな虫たちも元気に動き回り暮らしています。生き生きと嬉しそうに、自然を大切に楽しんでいるようにも見えますね。

作品の中でアデルソンさんとデュボアザンさんが芝生、草をいろいろな角度から眺めて、身近にある自然の美しさを伝えています。各ページに広がる一面の緑がとても印象的。

原題は『PLEASE PASS THE GRASS !』です。読み終えたら裸足で野原に飛びたしたくなってきます。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ