こんな本 あんな本

本のしょうかい

3びきのこぶたと4ひきめのこぶたの表紙画像

『3びきのこぶたと4ひきめのこぶた』
きしらまゆこ 作

教育画劇

みんながよく知っている『3びきのこぶた』のお話です。でも、表紙を見て見ると、あれ?木のかげからもう1ぴき、こぶたが顔を出しています。

ではページを開いてみましょう。3びきのこぶたの兄弟にお母さんが大きくなったから自分の家を建てなさい、と話しています。

1ぴきめはわらでかんたんに家を建て、オオカミに吹き飛ばされ、2ばんめは木のおうち、これもオオカミにやられてしまいます。そして3ばんめの賢いこぶたはれんがのおうちを作って、煙突から忍び込んだオオカミは・・・、といつものお話?

そう、そういう風にお馴染みのお話としても読めますが、右側のページが全部二重になっていることに気づきましたか。パタンと開いてみてください。しかけ絵本のようになっています。

ほら、表紙に登場した赤いズボンをはいた4ひきめのこぶたが出てきて、各ページのお話にちょっとアクセントがついていきます。

最後の場面はなーるほど、と何だかほんわかしてお話がおしまいになりますよ。

二通りの読み方ができるユニークな『3びきのこぶた』、みんなでどうぞ。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ