こんな本 あんな本

本のしょうかい

すごいね!みんなの通学路の表紙画像

『すごいね!みんなの通学路』
ローズマリー・マカーニー 文  西田佳子 訳

西村書店

みなさん、毎日どうやって学校へ通っていますか。

みんなで歩いて集団登校?それとも一人でてくてく歩いている?自転車でスイスイ?バスに乗って?電車にも乗っていく?車で送ってもらっている、なんていう子もいるのかな。

さて、では世界の子どもたちはどんな道をどんな風に進んで学校にたどりついているのでしょうか。川を歩いて渡るフィリピンの子ども、自分たちで舟をこいで川を渡っていくカンボジアの子ども、空中をロープで渡るのはコロンビア。

山を越え、絶壁を歩き、崖をのぼり、厳しい自然と立ち向かいながら子どもたちはひたすら学校を目指します。

ガーナの子どもたちは学校に飲み水がなければ水の入ったたらいを頭に乗せて自分たちで運びます。机や椅子がなければそれだって持っていくウガンダの子どもたち。

中国では大雨で水があふれたら、大人たちは椅子を並べて橋を作り、子どもたちの通学路を確保します。

時には命がけの登校です。でもその道のりがどんなに大変でも、学校へ行けば友だちや先生が待っていて、楽しいことがいっぱい。だから頑張れる、みんな学校が大好きなのです。

一生懸命学校を目指す子どもたちの元気と勇気にあふれた姿が心に響く写真絵本、まさに「すごいね!みんなの通学路!」。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ