こんな本 あんな本

本のしょうかい

とんとん とめてくださいなの表紙画像

『とんとん とめてくださいな』
こいでたん 文  こいでやすこ 絵

福音館書店

おそろいのリュックに赤、青、黄色の帽子をかぶったかわいい三びきのねずみたちが、森の中で地図を広げて話しています。

どうやら道に迷ったようです。そんな様子を描いた表紙の部分からもうお話は始まっています。

日もとっぷり暮れてきました。遠くに明かりのついたおうちがあります。今夜はあそこにとめてもらおう、とやってきた三びき。

「とんとん、とめてくださいな」でも返事がありません。そこでそうっとドアをあけてみます。だあれもいません。だれのおうちかな。

ストーブもついていてお部屋はとっても暖か。疲れた三びきは大きなベッドへもぐりこみました。

すると、ドアの外で声がします。「とんとん、とめてくださいな。」ドアが開いて顔をのぞかせたのは二ひきのうさぎさんでした。やっぱり道に迷ったようです。

先にやって来ていた三びきは、どうぞどうぞとうさぎたちを歓迎。五ひきで仲よくベッドにいると、またまた「とんとん、とめてくださいな」さて、今度はだあれ?

最後にこのおうちの住人が帰ってきました。そして・・・。

温かい動物たちのやりとりと優しいタッチの絵、シンプルなお話なのに何度も読みたくなり、その度に心がほわっとしてきます。

どのページもすみからすみまでよーく見てください。にこり、とする楽しい発見がたくさんあります。何回でもゆっくりどうぞ。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ