こんな本 あんな本

本のしょうかい

詩ってなあにの表紙画像

『詩ってなあに?』
ミーシャ・アーチャー 作  石津ちひろ 訳

BL出版

ある月曜日ダニエルが公園へ行くと入り口に「詩のはっぴょうかい」が今度に日曜日に開かれるというポスターがありました。ダニエルは「詩」がどういうものなのか知りません。

そこで公園にいる仲良しに「詩ってなあに?」と毎日たずねて回ります。

「詩っていうのは あさつゆの きらめきのこと」と答えたのはクモでした。火曜日、ハイイロリスに聞きました。すると「おちばの かさこそとなる そのおと」といいます。水曜日にたずねたシマリスさんの「詩」は「ふるい いしの かべに、まどが たくさんついてる おうちのこと」だそうです。

こうやって、カエルやカメ、コオロギ、そしてフクロウからそれぞれの自分の「詩」を教えてもらいます。

そして日曜日になりました。ダニエルは公園へ出かけ、詩の発表会に参加しました。ぼくも自分の詩がみつかるのかな・・・。

「帰り道、ゆうひに あかく そまった いけを ながめるうちに、こころが すみわたっていくような きがした。」ダニエルもどうやら自分の詩をみつけたようですね。

私たちもみんなで「詩」について考え、自分の詩がみつかるといいですね。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ