こんな本 あんな本

本のしょうかい

おかあさんはねの表紙画像

『おかあさんはね』
エイミー・クラウス・ローゼンタール 文  トム・リヒテンヘルド 絵
高橋久美子 訳

マイクロマガジン社

おかあさんはね、自分のところに生まれて来てくれた子どものことを大切に思っています。そして、ただただ健やかに大きくなってほしいと願います。

どんなふうに健やかに育って行ってほしいかというと、たとえば・・・

「もっとちょうだい、よりも どうぞっていえるやさしいこになりますように。」「ことばにできないくらいの わくわくと 出会えますように。」「ポケットに はいりきらないくらい おもいででいっぱいになりますように。」「ものがたりのなかに あなただけのほしを みつけられますように」・・・。

おかあさんは、いつもいつも子どものことを思い、吹いてきた風にお願いしたり、見上げた空にお願いしたり。どこにいてもどんな時も子どものことを見守っていてあげたいと思っているのです。

ローゼンタールさんのことばとリヒテンヘルドさんの絵によって子どもを持つおかあさんの気持ち、願いが読み手に優しく響いてくる一冊です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ