こんな本 あんな本

本のしょうかい

つかまるわけないだろう!の表紙画像

『つかまるわけないだろう!』
ティモシー・ナップマン 文  シモーナ・チラオロ 絵
ふしみみさを 訳

徳間書店

とびきり足の速いネズミのジェイク、おじいさんねこのトムがどんなに追いかけてもつかまりません。

それはトムがおじいさんねこだからではなく、ジェイクが本当にすばしっこいのです。

おいしそうだ、とジェイクのことをねらうキツネ、オオカミ、クマだってジェイクの足の速さにはお手上げです。

「つかまるわけないだろう!だって ぼくは せかいいち あしが はやいんだから!」これがジェイクの決めぜりふ。

ジェイク、そんなにうぬぼれていて大丈夫?

ジェイクは再びネコのトムのもとへやってきました。安心しきっているジェイクにトムがかけたことばとは?そして・・・。

「うーん、そう来たか。」トムは せかいいち かしこい ネコ でした。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ