こんな本 あんな本

本のしょうかい

つきよの3びきの表紙画像

『つきよの3びき』
たかどの ほうこ 作  岡本 順 絵

童心社

まず表紙をご覧ください。戸口のまえの階段にちょこんとすわってお月さまを見上げている3びき。なんだかさみしそう。

みんなお家が恋しくて、お母さんに会いたくて、ちょっとしょんぼりしているのです。この3びき、いったいどうしたのかって?それはね・・・。

くまたろう、ぽんた、やぎえちゃんの仲良し3びきはそれぞれお母さんに叱られて家を飛び出してきていました。

「ちぇっ、おかあのやつ」 「すぐおこるんだもん」 「うちだって」と3びきは反省するどころか、不満ばくはつ!ぶつぶつ言っているうちにどんどんうかれ気分になってきて、夜の公園やよそのおうちの塀で大騒ぎ。もう怖いものなんかないぞ、という感じで盛り上がっていました。

そうして楽しくにぎやかに大行進をしていた3びきでしたが、あるお家から歌が聞こえてきて・・・。

さぁ、さぁ、きみたち はやくお帰んなさい、あったかいお部屋でお母さんが心配して待っているはずですよ、とお月さまに見守られながら家路につくことになるのでした。

子どもの気持ちを描いたら天下一品のたかどのほうこさんのお話が岡本順さんの絵によって更にキュンと胸に響く作品になったおススメの一冊です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ