こんな本 あんな本

本のしょうかい

シラユキさんとあみあみモンスターの表紙画像

『シラユキさんとあみあみモンスター』
アンネマリー・ファン・ハーリンゲン 作  野坂悦子 訳

BL出版

ヤギのシラユキさんは編み物が大好き、大得意。みぎにひとめ、ひだりにひとめ、チキチキ、チッキ、チッキチキ、と編み棒を動かしてはいつも毛糸のくつ下を編んでいます。

ある日ヒツジのおばさんがやってきて、いじわるなことを言いました。「わたしの方が手早くて、上手だ・・・。」そんなことを言われて頭に来たシラユキさん、編み物をする手がどんどんスピードを上げて編みあがったのはくつ下ではなく、怖い怖いオオカミでした。

するとヒツジのおばさんはオオカミにパクリとのみこまれてしまいました。あわてたシラユキさんが次に編んだのはオオカミをのみこめるくらいのトラだったのですが、シラユキさん、今度は自分も食べられてしまいそう。

そこで考えたのがあみあみモンスターを編んでトラをのみこんでもらうこと、でもそんなことをくりかえしていてはいつまでたってもシラユキさん自身の身が危険です。

心配しないで、シラユキさんはどうしたらよいかちゃんとわかっていました。そうそう、これで一件落着、と胸をなでおろして読み進むと、あれれ?シラユキさん大丈夫ですか・・・。

何ともユーモラスなヤギのシラユキさんの様子が色とりどりの毛糸と共に楽しく描かれています。

ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌に輝くオランダの絵本です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ