こんな本 あんな本

本のしょうかい

ねこどけいの表紙画像

『ねこどけい』
きしだえりこ 文  やまわきゆりこ 絵

福音館書店

「くくう くくう くくう・・・」鳩時計のまどから鳩が出てきて7回鳴くと、ことちゃんとねこのねねこの朝ごはんの時間です。そうしてまた鳩が鳴くとことちゃんは「いってきまーす」と幼稚園へ出かけていきます。

ことちゃんが帰るまでねねこはお留守番です。ねねこには前からお友だちになりたいな、と思っている子がいました。鳩時計の中にいる鳩ちゃんです。ねねこは鳩ちゃんのことがいつも気になり、一緒に遊びたいとずっと思っていました。ある日、その気持ちが高まって・・・。

あらあら、鳩時計は時計屋さんでしばらく入院することになりましたよ。しばらくして鳩ちゃんのおうちの修理と鳩ちゃんの怪我の治療が無事終わった退院の日、ことちゃんは時計屋さんからねねこにステキなお土産をもらって帰ります。

さて、それはどんなお土産だったのでしょう?タイトルの「ねこどけい」とはこういうことだったのね、と思わずにっこり。

きしだえりこさんのおはなしもやまわきゆりこさんの絵も、とにかくかわいい、ほんとうにかわいい!!そして優しくあったかい!!「くくう」「にゃん」、はとちゃんとねねこの鳴き声が本の中から聞こえてきそうです。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ