こんな本 あんな本

本のしょうかい

かあちゃんえほんよんでの表紙画像

『かあちゃん えほんよんで』
かさいまり 文  北村裕花 絵

絵本塾出版

美容師のかあちゃんは父ちゃんの分までがんばるはたらきものだ。「ヘアサロンすみれ」を一人できりもりしている姿はとっても頼もしい。

毎日忙しいかあちゃんに、ぼくはひとつだけお願いがある。となりのまこちゃんちのように寝る時に絵本を読んでほしいのだ。

でも疲れて家に戻ってくるかあちゃんに「えほんよんで」の一言がなかなか言えないでいる。そーっとテーブルの上に絵本をおいてみた。かあちゃんにぼくの気持ち伝わるかな?

よかった、かあちゃん絵本に気づいたよ。「あら、けんた めずらしい。えほんは いいよ。 しっかり よみな」「う、うん」・・・。

さて、きょうはぼくのたんじょう日、バースデーケーキを買い忘れたかあちゃんだったけれど、プレゼントはちゃんと用意してあった。そして今晩こそ絵本が読んでもらえるぞ!!ところが・・・。

かあちゃんを思うぼくの気持ちが最後のページまでつまっているお話。特にお母さんたちはみんなグッとくるはずです。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ