こんな本 あんな本

本のしょうかい

きをつけておおかみだ!の表紙画像

『きをつけて おおかみだ!』
セドリック・ラマディエ 文  ヴァンサン・ブルジェ 絵
谷川俊太郎 訳

ポプラ社

表紙にはブタさん3匹、裏表紙にはおなかが膨れて満足そうに眠るオオカミ。あれ?ブタが食べられてしまう三匹のコブタのお話かな、と開いてみると・・・。

左側のページにいるオオカミが右側のページに「ふぅーっ」と思いっきり息をふきかけていきます。

まず最初の右のページにあるのは森。次のページをめくるとオオカミの息で木の葉っぱがみんなふっとんでいます。そして次のページでは木までふっとんでしまい、お家が現れました。次のページではお家の屋根がふっとび、それからまど、とびらもふっとび・・・。

とうとうお家がなくなってしまいました。このお家に住んでいるのはもちろんブタさんたち。布団まで飛ばされて三匹のブタさんが姿を現しました。あぶない、あぶない、逃げないと・・・。

でも安心してください、おしまいのページではブタさんたちはニコニコ顔です。一体どうしたのでしょうか。

一枚一枚のページが厚めで丈夫、しかけ絵本のような作りの楽しい絵本は子どもたちから何回も「読んで」とおねだりされそうです。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ