こんな本 あんな本

本のしょうかい

雲をみようよの表紙画像

『雲をみようよ』
トミー・デ・パオラ 作  福本友美子 訳

光村教育図書

今日はどんなお天気?雲は出ているかな?雲をみようよ!この本持って外へ行って空を見上げてみよう!

雲はどこに出るか、どんな形をしているかで分類されています。大きく分けると巻雲、積雲、層雲の三つ。これがまた組み合わさって長ーい名前が付けられている雲もあるのだそうです。

カリフラワーみたいな雲や、イワシみたいな雲、シーツを広げたような雲、眺めているうちに形も変わって行き見れば見るほど雲っておもしろい!

雲の形をよく観察しているとお天気の変化もわかるのです。種類によってお天気占いもできる雲。だから雲はことわざにもよく登場します。「夕焼けに朝ぐもりは、旅立ちに良い。夕ぐもりに朝焼けは、雨にあう。」これは旅人たちのことわざです。

可愛らしくて素敵なイラストで雲のことをいろいろおしえてくれるのは、『まほうつかいのノナばあさん』や『ポップコーンをつくろうよ』をはじめ200冊以上の絵本を発表しているアメリカの人気絵本作家、パトミー・デ・パオラさんです。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ