こんな本 あんな本

本のしょうかい

さわるめいろの表紙画像

『さわるめいろ』
村山純子 作

小学館

点字の線をたどって進むめいろ遊びをはじめましょう。

さあ、みんな、指を本の上に置いて、「よーい、ドン!」スタートは三角の突起のところ、ゴールの丸印を目指して、ボツボツを感じながら指先に神経を集中させて急げ急げ。

目の見える子は視覚に頼って進もうとすると失敗するよ。目を閉じて挑戦してごらん。両手を使っていろいろな角度から道を探そう。

めいろは全部で11種類あるからね。進むめいろは四角や六角形、八角形の連続だったり、円、波型もあって、とってもカラフルでおしゃれなデザインになっています。

目の見える子も見えない子も、大人も子どもも一緒に挑戦してみよう。

これはてんじつきさわるえほんシリーズの中の一冊です。バリアフリー絵本の開発は出版社の壁を越え展開されています。いろいろな人たちの知恵と力が結集されて出来上がっていく絵本です。障害を持っている人もそうでない人も一緒に楽しめる本がどんどん出版されるといいなぁ。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ