こんな本 あんな本

本のしょうかい

おしゃべりさんの表紙画像

『おしゃべりさん』
さいとうしのぶ 作

リーブル

ここに登場するおしゃべりさんはふだんは静かなのですが、実はおしゃべりが大好きな方々ばかり、30人。さて、どんな人たちがどんなおしゃべりをするのでしょうか。耳をかたむけてみましょう。

「おはようございます!」と元気に話し始めたのはトーストさんです。今日は私に何を塗ってくれるのかしらと聞きながら、しっかり自分の希望を主張しているようでよ。ご本人おすすめのバターがしみこんだいちごジャムトーストを食べれば、私たちはきっと朝からがんばれそう。みみのはじっこの方までかならずきちんとジャムをぬるように、というトーストさんのアドバイスも忘れずに。

つぎはおしゃべりプチトマトさんのページをのぞいてみましょう。プチトマトさんはいつもとってもいそがしいんですって。どうしてかというと、サラダから目玉焼きから、エビフライから、そして焼き魚からも来てほしいとおさそいがあるのだとか。きみがとなりにちょこんといすわっているだけでおいしそうにみえる、とみんなから引っ張りだこの人気者です。そうだ、プチトマトはお弁当作りに奮闘するママにとっても強い味方です。お弁当を彩りよくしてくれる赤の代表選手、プチトマト!

さて、せんたくきさんもしゃべりだしました。毎日同じ場所でお腹の中にせんたくものをつめこんでぐるぐる回しているのはもういやだ!とせんたくきさんは悲鳴をあげ、逃げ出そうとすると・・・。

身の回りのものがいつも思っていることをおしゃべりしだす、という楽しいお話がさいとうしのぶさんの手で丁寧に描かれています。毎日新聞大阪本社版の連載童話をまとめたものです。毎日ひとつずつ、いろいろなもののおしゃべりを親子で聞いてひと月が経つ、何だかいい時間が過ごせそう!

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ