こんな本 あんな本

本のしょうかい

ぴっぽのたびの表紙画像

『ぴっぽのたび』
刀根里衣 作

NHK出版

カエルのぴっぽはいつもひとりぼっち。なかなか眠れないある晩のこと、ヒツジを数え始めたぴっぽはちいさなヒツジに出会い、いっしょに夢の旅に出かけることにします。

二人が最初に行ったのはポピーの花畑が目の前に広がる5月の夢の中でした。ポピーの花たちの夢はそよ風に乗ってふわふわと空を飛ぶこと。

次に二人は6月の夢にたどりつきました。そこで池に住む金魚に出会います。金魚にも夢がありました。足があったら池から出て外の景色を見てみたいというのです。

こうやってふたりは7月、8月・・・と一年間の夢の旅を続けます。各月に登場する生き物たちはそれぞれ大きな夢をいだいていました。叶うことはないかもしれないみんなの夢。そして4月、ぴっぽは旅の最後に何をみつけるのでしょう?

日本人初の国際イラストレーション賞に輝いた刀根里衣さんの作品です。刀根さんが描く心が洗われるような美しいイラストはぴっぽの旅をより印象的なすてきなものにしています。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ