こんな本 あんな本

本のしょうかい

いえでをしたくなったのでの表紙画像

『いえでをしたくなったので』
リーゼル・モーク・スコーペン 文 ドリス・バーン 絵
松井るり子 訳

ほるぷ出版

二階の部屋から階下をのぞくとテーブルや椅子はひっくり返っているし、パパとママはプンプン顔。ケンカ中?雲行きがあやしいぞ。わたしたちのせい?

きょうだい4人は何だか家出したい気分になりました。にもつをつめこみイヌとネコを連れてみんなのお気に入りの大きな木までお引っ越しです。木の上におうちを作って快適、快適と思っていたら、風が吹いてきて・・・。

次のお気に入りの場所へとみんなで大移動。こんどは池にいかだをうかばせ、かえるくんともなかよしに。ところが・・・。

そうしてまたまたお引っ越しした先に待っていたのはクマさん親子。先住者のおうちを取ってしまうわけにはいかないね。そこで・・・。

優しく美しいタッチで描かれたバーンさんの絵には深い味わいがあり、スコーペンさんのおはなしの世界をいっそう引き立てています。1969年にアメリカで刊行された絵本が松井るり子さんの訳でこの夏お目見えしました。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ