こんな本 あんな本

本のしょうかい

やまださんちのてんきよほうの表紙画像

『やまださんちのてんきよほう』
長谷川義史 作

絵本館

今日のお天気どうなるか知っていますか? 天気予報をテレビで見た?ラジオで聞いた?新聞?それともネットで調べた?

この本に出てくるやまださんちの天気予報はテレビやラジオからの情報とは大分かけ離れた天気予報です。

どんなふうに違うかというと・・・・まず一日に何回も目まぐるしく変化します。朝から「晴れ」のはずが、いきなり「洪水」そしておかあさん「台風」、それはぼくがおねしょをしたから・・・。お昼ははるさめ(お昼ご飯の献立)、午後からはテレビの韓国ドラマを見ているおかあさんは「にわか雨」、三時のおやつの時間、おじいちゃんは「あられ」でおばあちゃんは「みぞれ」、ふすまを開けると押し入れからおもちゃが崩れ落ちて「なだれ」、それを見たおかあさん、目がつりあがってきてなんだか大気の状態が「不安定」、そうしてとうとう「雷」が・・・・。あーあ、ちゃんと片づけないで押しこんでおくからこんな悪天候になってしまうのですよ。

家族の気持ちに左右されっぱなしの、やまださんちならではの今日のお天気。こういう天気予報ならそれぞれのおうちにそれぞれオリジナルの天気がある、ということになりますね。愉快、愉快。

さて、みんなのおうち、今日はどんな天気になりそうですか?こうなると天気予報はおかあさんのご機嫌が大きく影響しそうですよ。さぁ、おかあさんの低気圧を刺激しないように、ご用心ご用心。

いつものように長谷川義史さんのユーモアがいっぱいの一冊です。本の表紙の裏には「ねこがかおをあらうとあめ」とか「クモがすをはらなければ雨がふらない」、「ゆうやけは晴れ」などいろいろな現象とお天気の関係が長谷川さんの楽しいイラスト付きで紹介されています。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ