こんな本 あんな本

本のしょうかい

ペトラの表紙画像

『ペトラ』
マリア・ニルソン・トーレ 作 ヘレンハルメ美穂 訳 

クレヨンハウス

「ずっと いっしょに いたかったら、いきたい ところに いかせて あげて。きっと もどって くれるから。 それが ほんとうの だいすきってこと。」

この絵本のおはなしはこんなことばで幕がおります。いったいどんなおはなし?だれがでてくるの?

いきたいところへいってしまったのは、そしてもどってきたのは ひょうのペトラのからだのもようのブチ。ペトラとブチ、二人だけの心温まるおはなしとは・・・

朝起きてなんだかいつもと違う感じがするペトラ、体のもようを数えてみると1000個あるはずのもようが999個しかありません。ブチが家出(体出?)をしてしまったのでした。ペトラがいくらつれもどして自分の体にひっつけようとしてもひっつきません。いくらもどってきて、とたのんでもブチは逃げまわるばかり。広い外の世界へ飛び出していきました。自分の体のブチがいた場所に金色のメダルをくっつけてブチの帰りを待つペトラ。

愛情、信頼、勇気、自立、大切なことを伝えてくれる北欧から届いたステキなおはなしです。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ
" l r  w w a v   /  925 . ,[" yim p a om" r e x s " v e " 1