こんな本 あんな本

本のしょうかい

なつのいちにちの表紙画像

『なつのいちにち』
はたこうしろう 作

偕成社

暑い暑い夏の日、お目当ての大きなクワガタを今日は絶対捕まえるぞ、とぼくは山へいそぎます。

広くて青い海、海に負けない真っ青な空、白いかもめたち、入道雲。一面に広がる緑の草原、シャーンシャーンとクマゼミの声。大きな麦藁帽子と虫取り網を手に全速力のぼく。

「待ってろよ!でっかい クワガタムシ。」さぁ、絵本の中に入り込んでいっしょにクワガタ捕りとりにいきましょう!!

“夏の本が出来ました。この本はボクの頭と体の中にある夏のイメージをギューッと絞って落ちた雫の形です。この本は「夏」に送ったラブレターです。・・・この本には少ししか文章がありません。あっという間に読めてしまいます。でも、絵と物語をゆっくり追うことで、それぞれの人が知っている「夏の音」や「夏の匂い」、「夏の空気」を感じてもらえたらいいなと思います。”(本の帯より)

ページをめくるたびに夏の光と音があふれてきて、それが清々しくて懐かしくて大人は思わず『少年時代』を口ずさんでしまいたくなったりする、はたこうしろうさんの傑作です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ
" l r  w w a v   /  925 .