こんな本 あんな本

本のしょうかい

富士山うたごよみの表紙画像

『富士山うたごよみ』
俵 万智 文   U・G・サトー 絵

福音館書店

まず表紙をご覧ください。柄物のカバーをした富士山?てっぺんは、白い雪でおおわれているお馴染みの富士山です。中表紙に登場するネコちゃんをよーく見てみるとそこにも富士山が・・・。

では最初のページを開いてみましょう。立春のページです。「春一番の思いよとどけ 青空はあなたに続く色の階段」歌を受けてのイラストは何とも清清しいブルーと白の富士山。次は雨水のページへと移ります。

二十四節気に散りばめられた24首の現代短歌と富士山のイラスト24枚が描かれた絵本です。瑞々しい感性が際立つ俵万智さんの短歌とU・G・サトーさんの粋でポップなイラスト。短歌もイラストもどちらも主役、どちらもキラキラと輝いています。

歌に合わせてとにかくカラフルで楽しい富士山が次々に現れます。あなたのお気に入りの富士山はどれかな?そして心に響いてくるのはどの短歌?

きっと子どもたちは「立夏」や「芒種」「夏至」、「冬至」のページが好きなんだろうな。お父さんは「処暑」でしょ、やっぱり。お母さんは「立秋」外せないはず。おじいちゃん、おばあちゃんは「雨水」「清明」「霜降」あたりかな。私は絶対「大寒」、歌もイラストも!!

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ
84O d y ],[ jp" ( " l r