こんな本 あんな本

本のしょうかい

アヒルだってばウサギでしょの表紙画像

『アヒルだってば! ウサギでしょ!』
エイミー・クローズ・ローゼンタール、トム・リヒテンヘルド 作
今江祥智 訳

サンマーク出版

「アヒル?」「ウサギ?」表紙に描かれた動物はいったいどっち? 「アヒル!」「ウサギ!」アヒルととらえた人は長いくちばしに、ウサギだと言い張る人は長い耳に注目して最後まで真っ向から対立。

両者の声もだんだん大きくなって、議論白熱、と思ったら当のアヒルさんだかウサギさんは姿を消してしまい拍子抜け。そんなに大声で言い合うからですよ、驚いてどこかへ行っちゃったじゃない。ようやく両者はお互いに「そうだったかもね。」と相手の見方にも耳を(目を?)傾けかけたところへ今度は・・・。

原題は『Duck!Rabbit!』楽しい絵を見ながらみんなで迷うのが面白い絵本です。裏表紙の空に浮かぶ雲の形もアヒル?ウサギ?と問いかけているようで、こんなところにも作者のユーモアが感じられます。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ
84O d y ],[ jp" ( " l r