こんな本 あんな本

本のしょうかい

しりとりのだいすきなおうさまの表紙画像

『しりとりのだいすきなおうさま』
中村翔子 作   はたこうしろう 絵

すずき出版

おうさま→まど→ドア→アルバム→むしめがね→ねこ→こま→マント→とけい→いす→すいそう→うえきばち→ちきゅうぎ。最初のページから「おうさま」を先頭に順序良くステキな絵が並んでいます。どんな順?そう、しりとりになっています。

あるお城にしりとりがだいすきなおうさま、何でもしりとりにしなければ気がすまないおうさまが住んでいました。「ぜったいにしりとりどおりじゃ!」命令するおうさまは簡単ですが、家来たちは大変です。おうさまは食事もしりとりにして召し上がるのです。そして必ず最後にプリンを、というご注文。

「こんやはサンドイッチからたべるぞ。」とおうさまのその日の気分でお食事がスタートしました。「ち」で始まる食べ物を家来は大急ぎで用意します。何が出てくるかな?「ちくわ」がお皿にのせられてきましたよ。それから「わかめ」次は「めだまやき」――家来の方たち、何とも簡単なものばかり、お料理になってないのではないですか?でもおうさまは何でも一口でペロリとたいらげてしまうので、家来たちは大忙し、ゆっくり考えている暇、作っている時間がないのです。最後のプリンだけはとっくにできているのですけれど・・・。

ところで最後がプリンとなると、デザートの前にスープがいつも出てくるのかしら?スープにはいろいろな種類があるから飽きることはないかもしれませんが、ちょっと順番が変でしょ、おうさま。

こんなおうさまのわがままに困り果てた家来たちはみんなで相談してある作戦をたてました。その作戦が見事に成功しておうさまは「もうしりとり、ごめんだ!」と降参してしまいます。さて、その作戦とは?

中村翔子さんの楽しいおはなしにはたこうしろうさんがこれまた楽しい絵を描き、おうさまのわがままぶりも何故か憎めず、むしろ「かわいい!」と叫びたくなります。そして「うちもちょっと今日はしりとりでご飯のメニュー、どうかしら」と遊んでみたくなる作品です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ
" l r _ n U s t +++ _ +++ , i n +++ n _ ! 2 D # m a