こんな本 あんな本

本のしょうかい

キュッパのはくぶつかんの表紙画像

『キュッパのはくぶつかん』
オーシル・カンスタ・ヨンセン 作
ひだに れいこ 訳

福音館書店

森へお散歩に行くたびにいろんなものを拾ってくる丸太の男の子キュッパ。ある日キュッパは家に帰ると拾ってきたものを全部床に広げてみます。木の枝、木の実、木の葉、クギ、ひも、小石、車輪、タイヤ、片方だけの手袋、帽子・・・。あらあら、みんなが捨てたもの?忘れていったもの?森にはたくさんのものが落ちているのですね。

このあふれんばかりの収集物、一体どうしたものか?他の人から見ればガラクタでもキュッパにとっては大切なたからもの、コレクションです。分類して箱にしまうにももうその箱もいっぱい。キュッパは物知りのおばあちゃんに相談します。そして展示会を開催することにしました。前に石の博物館に行った時のことを思い出して。

博物館を開く準備が始まりした。どんなことをすればいいのかな。まずは展示。テーブル、棚ごとに分類して見やすいように並べます。それから、ポスター、看板の用意、宣伝は大切です。

さぁ、いよいよ展示会が始まります。土曜日、キュッパの博物館の前は大行列。キュッパはみんなに喜んでもらえるようにと案内役にも気合が入ります。ところがはりきりすぎたのかな、木曜日あたりにはすっかりお疲れのようすです。スタートしてから一週間で博物館は閉館すること・・・。

展示会を終えたキュッパはこの部屋いっぱいのコレクションをどうしたでしょう・・・なるほど、そう来たのね。賢い賢いキュッパです。物がどんどん増えて困っている片づけ下手な大人たち、どうぞ参考にしてください。

ヨンセンさんの描く森や木々、街の様子からは北欧の香りがプンプンしてきて、何だかとっても落ち着きます。キュッパKUBBE(クッベ)とは丸太という意味のノルウェー語です。かわいいキュッパくん、今度は美術館を開く計画をしているようですよ・・・。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ