こんな本 あんな本

本のしょうかい

PORTEの表紙画像

『LA PORTE』
Michel Van Zeveren 作

l’ecole de loisirs

朝バスルームのドアを開けて、誰もいないと確認するのは、子ブタの女の子。彼女はこれから一人でゆっくりバスタイムを楽しもうといそいそと支度にかかります。

バスタオルを出してバスタブにきちんとかけ脱いだ靴をそろえ、洋服もイスにかけ、鏡を引っ張り出して自分の姿を映してみたり・・・。すっかり自分の世界にひたっていると急にドアが開きましたよ。びっくりするブタ子ちゃん。せっかくいい気分だったのに。(名前がない子ブタちゃんなので“ブタ子ちゃん”と勝手につけてみました。)

入ってきたのは妹(弟?)を抱っこするママブタさん。ブタ子ちゃんに気づいているのかいないのか、さっさと妹を抱えてお風呂に入ってしまいます。ちょっとちょっとママ、洋服もパンツもだらしなく床に脱ぎっぱなしですよ!!けしからん、とにらんでいるブタ子ちゃんのことなど気にも留めず、妹と気持ちよく入浴中のママブタさん。アーア。

そこへにぎやかに2人の弟がトイレめがけて走ってきました。またドア、開けっ放し。次はベッドから直行してきた様子のパパが洗面台へ向かいます。ドアを閉めようともせず歯を磨きだしました。アーア。家族のだれもかれもドアがあること忘れちゃったの?恥ずかしいという思いはないの?呆れたブタ子ちゃんが一言「La Porte!」と叫ぶと、申し訳なさそうにパパが閉めにもどって来ました。

ブタ子ちゃん、これで安心して誰にも邪魔されない朝のバスタイムが過ごせますね、よかった、よかった。いよいよ入浴、という場面のブタ子ちゃんのレディーぶりの可愛らしいことといったらありません。どうぞ本を開いてゆっくりその様子をお確かめください。

このお話の中でことばが出てくるのはたった一箇所。絵のチカラだけでたっぷりお話を楽しむことができます。2010年IBBYのオナーリスト受賞図書(イラスト部門)ベルギー代表作のこの作品には翻訳は必要ないのかもしれません。タイトルは『ドア』作者はミッシェル・ヴァン・ゼブランさんです。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ
84O d y ],[ jp" ( " l r _ n U