こんな本 あんな本

本のしょうかい

おにぎりの表紙画像

『おにぎり』
平山栄三 文   平山和子 絵   

福音館書店

あつあつのご飯、炊きたてです。さぁ、おにぎりをつくりますよ。テーブルには梅干、お塩が盛られたお皿とお水が入ったボールが用意されました。

手のひらに水をつけ、お塩をつけ、ご飯をのせて、「ふっ、ふっ」と言いながら“ぎゅっ”。真中に梅干をうめて、再び“ぎゅっ、ぎゅっ”。“くるっくるっ”と両手て形を整えてあっという間におにぎり一個お皿の上にのりました。お母さんの手はまほうの手?瞬く間にお皿の上には9個のおにぎりが。しあげはたっぷりの海苔のマント。

大きなおにぎりが6つ、ちいさいおにぎりが3つ、誇らしげに並びました。海苔がつやつや光っています。「わぁーっ、今すぐ食べたい!」 本の中からそんな子どもの声が聞こえてきそうです。「わぁーっ、今すぐ作って!」この本を読む子どもの声も聞こえてきそうです。

平山栄三さんのシンプルな文と平山和子さんの丁寧であたたかい絵。読み終わるとなんともいえない幸せな気持ちになる福音館の幼児絵本シリーズの一冊です。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ
84O d y ],[