こんな本 あんな本

本のしょうかい

かさの表紙画像

『かさ』
太田大八 作

文研出版

雨が降っています。かなりの降りになりました。赤い傘をさした女の子が公園の前を通り過ぎていきます。手には長―い大人用の黒い傘を抱えています。駅まで傘を持ってお父さんをお迎えに行く女の子。駅までの道のりは大分ありそう。

途中でいろんなものと出会い、いろんなものを眺め、いろんなことを感じながら駅へ向かいます。ケーキ屋さんの前で立ち止まり、ショーウインドウのお人形さんに見とれ、ようやく駅に到着。仕事から帰ってきたお父さんにちゃんと会えて傘を手渡した時は読んでいる私たちもホッとします。よかった、よかった、ご苦労さま。

お父さんからのご苦労さまのご褒美は?傘を閉じて親子で立ち寄ったのはさっきおいしそうだなぁと女の子の足が止まったケーキ屋さんのケーキです。そしてさっき女の子が一人で通った公園の前を今お父さんと二人、おうちに向かって歩いています。今度はお父さんが女の子の赤い傘を抱え、女の子の手には大きなケーキの箱、長いお父さんの傘は二人が入れる大きさです。

と、解説をしましたが、この本にはことばはひとつもなく、女の子の持つ傘だけが赤く彩色されているモノクロの絵本です。でも女の子の気持ちがとてもよく伝わってくる絵本です。ちょっとドキドキしたり、駆け出したくなったり、「おかあさーん」と心細くなったり・・・。読者も女の子と一緒の気持ちになって駅に向かう、そんな絵本の作者は1918年生まれの絵本作家・画家の太田大八さん。1949年以来、たくさんの作品を生み出し、たくさんの挿絵を手がけ、今も現役で活躍中の太田大八さんです。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ
84O