この図書館について

本のしょうかい

島ひきおにの表紙画像

『島ひきおに』
山下明生 文  梶山俊夫 絵

評論社

鬼が登場するおはなしはたくさんありますが、心優しい鬼が出てきて読み終えた後悲しくて切なくなるおはなしの代表作。

ひとりぼっちで小さな島に住んでいた鬼は毎日毎日海の向こうを眺めては誰かと遊びたい、だれかと一緒に暮らしたい、と思っていました。ある嵐の晩、沖を通りかかった船が鬼の光る目を家の明かりと間違えて助けを求めてやってきました。鬼は嬉しくて、どうしたらみんなと暮らせるかと聞くと、漁師は、あんたのような大きな鬼が住むところがないから、島をひっぱってくれば、とでまかせを言って帰っていきました。

そうとは知らず素直な鬼はその日から一生懸命自分の住んでいる島を人間たちの住む島目指して引っ張り始めたのでした。やっとのことで来た鬼を人間たちが歓迎するはずがありません。人間は鬼を追い払いたいために何にも悪くない優しい鬼を人食い鬼に仕立てて追い出します。南の方に行けばいっしょに暮らしてくれる人間がいる、という言葉を信じて鬼は今でも海の中、島を引っ張って歩いている・・・。

山下明生さんが郷土の広島県の能美島の近くにある敷島という無人島にまつわるいいつたえをもとに書き上げた作品。敷島とはもともと鬼が引っ張ってきた島、引き島から来ている名前だそうです。梶山俊夫さんのダイナミックな絵も素晴らしく、毛むくじゃらの鬼の表情がおはなしの結末の切なさを一層引き立てます。梶山さんは浜田廣介作の『泣いた赤おに』(偕成社)の絵も描いています。そちらはどんな鬼の絵でしょうか。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ