この図書館について

本のしょうかい

てぶくろの表紙画像

『てぶくろ』 ウクライナ民話
エウゲーニ・M・ラチョフ 絵  うちだりさこ 訳

福音館書店

雪が降るある日、森の中でおじいさんが落としていった片方だけの手ぶくろ。そこへいろいろな動物たちが集まってきて、あったかそう、気持ちよさそう、 ぼくも入れて、わたしも入れて、といつの間にか手ぶくろがおうちになって行 くおはなしです。

まずネズミがやってきて、次にカエル。大丈夫? どっちかが やられない? という心配はまだまだこの先の登場者を知らないから。だってそのあとやってくる動物たち、すごいよ。ウサギはまだいいけれど、キツネ、オ オカミ、イノシシ、最後はクマさんだもの。でも心配ご無用、みんな仲良くこのちいさい手ぶくろの中になぜか入ってしまうのです。気がつくと、手ぶく ろにははしごがかかり、窓までできて煙突からは煙も出ています。おはなしの 世界はいいなぁ、今度森へ行ったら手ぶくろ、わざと落としてこようかな、と大人も思ってしまいそう、それはわたしだけかな?

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ