こんな本 あんな本

本のしょうかい

まけうさぎの表紙画像

『まけうさぎ』
斎藤隆介 作  まつやふみお 絵

新日本出版社

かめとの競走に負けてしまい、仲間から馬鹿にされ厄介者(やっかいもの)にされた「まけうさぎ」、名誉挽回(めいよばんかい)と、コワイおおかみから仲間を守るために、勇気を出しておおかみに立ち向かうというお話です。

このお話のうさぎの世界では、かちかち山の「かちうさぎ」とか、自分の命を神様に差し出そうとした行いを神様が感心し月に連れて行った「やけうさぎ」がうさぎの仲間の英雄として出てくるのもおもしろいところです。

まつやふみおさんのさしえもとてもいい感じです。

「いちどしっぱいしたってね、とりかえしはつくものなんだ。だから、あきらめちゃだめだよ。にんげん、しぬよりつらいことだってある。なかまにつきあってもらえないときだ。なかまの、みんなのために、おおかみみたいなこわいやつとたたかうことが、じぶんのしあわせになるなんて、すばらしいね。」(作者のことばより)

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ