こんな本 あんな本

本のしょうかい

万次郎さんとおにぎりの表紙画像

『万次郎さんとおにぎり』
本田いづみ 文  北村 人 絵

福音館書店

田んぼは一面の黄金色、稲刈りの季節です。今年のお米のできはどうかな。

万次郎さんはさっそく自分の田んぼでとれたお米を炊いて、おいしいおにぎりを作ります。ぎゅっころ、ぎゅっころ、大きなおにぎりが十個並びました。

仕上げに海苔を巻く万次郎さん。あら、最後の一個分の海苔が足りないぞ、と困っていると、九個のおにぎりたちがもう待っていられないと表へ転がり出て行きました。

いったいどこへ?十個めのおにぎりはどうなったかな?

本田さんが語るシンプルだけれど味わいのあるお話が北村さんの絵と共に心に響いてくる秋にピッタリの一冊。

万次郎さん、おにぎり、おひさまの表情に私たちの顔もほころび、思わず万次郎さんと一緒に「おてんとうさま、うんまい おにぎり ありがとうございます」と感謝の気持ちを声に出したくなってきます。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ