こんな本 あんな本

本のしょうかい

おすわりどうぞの表紙画像

『おすわり どうぞ』
しもかわら ゆみ 作

講談社

あなたは自分だけの専用のいすをもっていますか。それはどんないす? すわり心地はいいですか。

さて、ここは野原。動物たちがそれぞれ自分のいすをみつけてちょこんとすわっています。

ねずみさんは小さなまるいきのこのいす。りすさんはのっぽのきのこのいす。うさぎさん、かえるさん、はりねずみさん、きつねさん、しかさん、・・・みんなぴったりのいすにすわりました。

ことりさんのいすはどこでしょう。それはね、しかさんの角の上。10羽のことりさんたちが仲良く角の上にならびました。

しかさん、重くない?しかんさんは大丈夫ですよ、というような目で自分の角を見上げています。

おしまいのページにきて、なあんだ、みんなのいすはとっても近くにあったんだね、とわかります。動物たちはみんなのお気に入りのいすがある場所で待ち合わせをして、これから遊ぶところだったのです。

最後はタンポポの花にモンシロチョウが止まっている場面で終わります。「おすわりなさい どうぞ」とモンシロチョウに語りかけるタンポポの優しい声が聞こえてきそうです。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ