こんな本 あんな本

本のしょうかい

 かな?かな?えほん びっくり!きょうりゅうの表紙画像

『かな?かな?えほん びっくり!きょうりゅう』
アニェーゼ・バルッツィ 作

小学館

本を開きます。「みて、みて!きれいな ちょうちょかな?

では、左側のページを引きのばしてみて。あら、プテラノドンが2匹。

次は何かの卵?またページを横にのばしてみると、なんともひょうきんな顔をしたケントロサウルスが現れました。

それから、かわいいクラゲかと思った次のページの正体はプテロダクティルス。小さなカメの姿は大きなユーオプロケファルスに。

オウムかなと思っていたら愛きょうたっぷりのトリケラトポスだったり、イワシ?と思えばステゴサウルス・・・まだまだ続々登場します。

こんな風にちいさな生き物がおなじみの大きな恐竜たちに大変身。

なにかな?なにかな?と楽しい展開が待っている厚紙の仕掛け絵本、小学館の「かな?かな?えほん」シリーズの中の一冊です。

恐竜たちの表情がとっても愛らしく、思わずペットにしたい、と思ってしまうかも。

矢印バックナンバー

▲このページのトップへ